上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆーろとメールで詩をやり取りしてたっていう話を以前の配信でやってて、ゆーろに許可取ってないけど詩うpしちゃえ!って話になったのにすっかり忘れてました^q^

多分おkだと思うんで、うpしちゃいますヽ(゚∀゚)ノ

でもやっぱり恥ずかしいから、追記に書きますねー^q^

一応、なぜこの流れになったのかを言うと、朝起きたらいきなり詩が送られてきたので、「これは詩を返すべきだろ」と勝手に解釈して送ったら続いたってだけなんですけどねーw

まぁ楽しかったよ?w

ゆーろはこの色、うちはこっちの色で表示。

朝日が君を焦がすのならば
僕はその朝日を焦がそう


 夕日が君を泣かすなら
 僕は君を照らす光になろう


夜の闇が君を染めるなら
僕は君に染まる大空になろう


 数え切れない星たちが君を責めるなら
 僕は君を包む月になろう


闇より深い青空が君を飲み込むならば
僕は君を見守る太陽になろう


 灼熱の太陽が君を蔑むのなら
 僕は君を癒す雨になろう


荒れ狂う風が君を薙ぎ倒すならば
僕は君を守る林になろう


 海の波が君を責め立てるのなら
 僕は君を守る山になろう



以上、ゆーろが根を上げたので、ここで終了。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuuhiradio.blog83.fc2.com/tb.php/28-dfd7b638
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。